きらく(茨城県土浦市)、地元に愛される中華料理店。

店名:きらく
住所:茨城県土浦市荒川沖西1丁目16-16
電話:029-842-8580

茨城県の南にある土浦市、つくばに近い荒川沖というところにある『きらく』という店。
国道6号線からちょっと脇道に入ったところに店を構えている。
古い店構えだが知る人ぞ知る店なのだろう、夜に訪れると店の駐車場はほぼ埋まってしまっている。

店内はこれまた古く、テーブル席がいくつかと畳の席が入って右側にいくつかある。
壁にはメニューがたくさん貼ってあり、見たところ中華料理と謳ってはいるが定食屋の印象を受ける。

漫画がとにかくたくさんあり料理の待ち時間にもってこいだろう。
とはいっても料理提供の速さもあり漫画に夢中になる前に出てきてしまうが・・・。

接客については街の中華屋レベルだが、悪い印象を持つことも特に無い。
もちろん座席にもメニューはある、ざっとみたところ麺類だけでも10種類以上はある。

定食もすごい種類だ、おかず単品での注文も承ってくれるそう。
以前も何度か訪問して、色々試してみたところ、どれもこれもうまい!の一言に尽きる。
ワンタンメンはつるつるのワンタンにぎっしりと餡が詰まっていてあっさりとしたスープによく絡み、存在感のあるチャーシューとチンゲン菜が嬉しい。(650円)

そしてなにより種類豊富な定食。
定食はどれを頼んでも量が多めでご飯もたっぷり、つけもの・味噌汁・小鉢も付いている。
来店する度に今日の小鉢は何だろうとワクワクしてしまう。

豚キムチ定食(800円)は辛さもそこそこ、シャキシャキ感がきちんと残ったキムチと香ばしい豚肉のハーモニーが最高だ。
おすすめはなす醤油炒め定食(850円)
しょっぱめの味付けだが油が染み込んだなすと食感がおいしいピーマン、香りのいい紫蘇、たっぷり盛られた白米がかなり進む。

量が多いので女性が食べきるには少し骨が折れるが、食べ盛りの中高生、力仕事をしている男性などにはもってこいといったところか。
壁にあるメニューにしかないが一品料理も豊富で、ちょいとお酒をひっかけるのにももってこいである。
値段は忘れたがからあげも今まで食べた中でもなかなか上位の美味しさだったのでぜひ食べて欲しい一品である。