大分県豊後大野市、札幌ラーメンどさん娘の絶品グルメ。

自分が大分県で一番うまいと思うラーメン店「どさん娘」を紹介します。
場所は大野町国道57号沿いにあります。
どさん娘一番のお勧めは、自分は味噌派なので味噌ラーメンを紹介します。

いつも注文する大盛りは大どんぶりの底までぎっしりと詰まってて、すごい迫力。
もうこの時点で十分とも言えます。
麺は中麺でもちもちした食感。
具はもやし、コーン、ゆで卵、わかめと、大分では非常に珍しくまさに北海道のラーメンを味わってる感じなのです。

もやしはしゃきしゃきとして、とても麺にあっていて、コーンがこんなに味噌に合うとは思いませんでした。
倍うまくなるというか。
ニンニク風味の少し濃い味のスープは、最高で、ゴマの風味が更にうまさを引き出しているようです。
量も十分で600円という値段が申し訳ないという気もします。
もう100点満点以上で、非のつけようがありません。

どさん娘で次のお勧めはアジフライ定食です。
ふっくらした大き目のアジフライはしっかり魚のうまみが感じられ、三枚もあり食べごたえ十分です。
酢の物、みそ汁もあり、ご飯が大盛りというのがうれしいのです。
こういう気配りはお客は忘れないものです。
これで650円ですから、これまた恐縮です。

どさん娘は決して新しくなく、紹介される事も多くありませんが、田舎の素朴な味と、切り盛りする年配夫婦の温かい人柄は素晴らしいです。
ぜひ一度味わってください。

店名:どさん娘
住所:大分県豊後大野市大野町田中251-1
電話:0974-34-3508

津山市、個性的な店主が有名なラーメン店「豚平」。

津山にある、行列ができる程に有名なラーメン屋『豚平』。
この豚平の店主さんは、こちらがかえって恐縮してしまう程、とっても腰の低い接客をしてくれることで話題です。
ソフトな美声の持ち主で、個性的な方だという印象を持ちました。

開店前にも関わらず既に行列が出来ていて、日によっては開店前に10人近く待っているときもありました。
開店と同時に、豚平の席はすべて埋まります。

「いらっしゃいませ」
「ようこそ」
「ありがとうございます」

と、ソフトな美声で声をかけて下さるとホッとするのは私たちだけではないと思います。
待ってる間にスープの良い香りが鼻をくすぐり、俄然食欲がわいてきて、どんぶりが目の前にくると話もせずに黙々と一気に食べすすめてしまうくらいに美味しいのです。
本格的な濃厚豚骨スープでとっても美味しくて好みです。
麺はややかためで、コシがあって歯ごたえもバッチリです。

ラーメンを食べ終わるとレモンティーのサービスがあって、お口の中がスッキリ爽やかになります。
口コミサイトなどでの豚平の高評価は嘘ではないと思いました。
ラーメンの味もですが、お店の方々の接客態度、そして本当に腰の低い店主さんも味の決め手になっているなと感じています。

店名:豚平
住所:岡山県津山市院庄1051-3
電話:0868-28-2929

さいたま市見沼区、つけ麺がおススメ「中華そば蛍(ほたる)」。

中華そば蛍は、魚介とんこつのつけ麺がおすすめです!
こってり濃厚スープが、つるつるの太麺に絡みます。
スープにはゆずの皮を刻んだものがアクセントとして入っており、こってり濃厚な中にも爽やかさがあります。
価格は千円以内です。

中華そば蛍の客層は大人向けで、昼休みの作業員の方や営業の方が多いイメージです。
子供用の設備はなく、お子様メニューもないので子連れ客はあまりみたことがありません。
席はカウンター席がメインで、テーブル席も2席ほどあります。
背もたれが無く、ゆっくりくつろぐのではなく回転率勝負かなという印象です。

大変な人気店で、中華そば蛍は開店前からお客さんが並んでいるのがいつも見えます。
11時開店なのですが、その10分ほど前から中華そば蛍の店の前に平日でも4~5人ほどは並んでいます。
土日はもっと並んでいることもあります。

開店するとまずは食券を買い、席が埋まっていれば店内の待ち椅子に案内されます。
そこから順々に呼ばれます。
回転は早いですが、やはり混雑しているので早めに行くのがおすすめです。

駐車場は広く、停めやすいです。
スタッフの方は元気が良く明るいです。
美味しいのでぜひ食べてみてはいかがでしょうか。

店名:中華そば蛍(ほたる)
住所:埼玉県さいたま市見沼区大和田町1-1813
電話:048-688-3331