新宿区、東京肉しゃぶ家で贅沢なしゃぶしゃぶを食べよう!

ずっと前から行きたかった東京肉しゃぶ家。
予約を取る事が出来たのでやっといく事が出来ました。

東京肉しゃぶ家の予約をしたのは、約3週間前。
当日は予約でいっぱいだったようで、お断りをしている姿をよくみました。
東京肉しゃぶ家の店内は、カウンターのみで決して広いとは言えないですが、居心地の良い空間でした。

私たちはコースで予約をしていたので、ドリンクを頼んで料理が出てくるのを待ちます。
前菜に出てきたのは肉、野菜、魚介をふんだんに使った贅沢な逸品ばかりで、それだけでも満足してしまうほどの出来栄えでした。

そしてお待ちかねのしゃぶしゃぶです。
とその前に、コースに入っていた一口すき焼きが出てきます。

一見するとなんだかわからない料理ですが、泡が立つほどふわふわの卵の中に、大きなお肉が一枚入っています。
食べるとしっかりすき焼きですが、卵がふわふわなせいなのか、お肉が柔らかすぎるからなのか、口の中で全体がとろけます。

新感覚のすき焼きでした。

すき焼きを食べ終わると、しゃぶしゃぶのお肉が運ばれてきました。
大きなサーロインと牛タンです。

こんなに綺麗なサーロイン見た事ないってほど立派なお肉にびっくり。
牛タンは軽くお湯に通していただきますが、その歯ごたえと旨味に驚きます。

13000円ほどのコースで、東京肉しゃぶ家は決して安くはありませんが、この価格でこんなに美味しいものが食べられるのであれば安く感じる料金でした。

店名:東京肉しゃぶ家
住所:東京都新宿区大久保1-12-3
電話:050-5592-1529

和食を食べるなら種類が豊富な「ごはんdeごはん」ルミネ立川店

おぼんdeごはんルミネ立川店は、和食を基本に定食や丼ものうどんや茶漬けなど、幅広いメニューがある定食CAFE屋さんです。

店名:おぼんdeごはんルミネ立川店
住所:〒番号190-0012東京都立川市2-1-1 ルミネ立川8階
電話:042-519-3196

おぼんdeごはんルミネ立川店おすすめは、おぼん定食でメイン料理+ごはん+お豆腐+季節の小鉢+お味噌汁+サラダ+お漬物と7種類の料理が楽しめて千円ちょっとなのはお得ですよね。

メインは3品ある中から一つ、ご飯は白ごはんと五穀ひじきごはんのどちらかを選べ、更に3つあるトッピングの中から選ぶ事が出来ます。
メインはごろごろ根菜と豚肉の黒酢ソースが甘辛で凄く美味しい、根菜も大きく切ってあって食べごたえがあるし豚肉も柔らかくて美味しいです。

五目ひじきごはんは、これだけでも良いくらい美味しくて是非食べて欲しいです、
ご飯とお味噌汁はおかわり自由なので好きなだけ食べる事が出来ますよ。

おぼんdeごはんルミネ立川店は、デザートも美味しくて可愛いので女性ならきっと気に入ると思います。
そば粉クレープがあるのは珍しいですよね、8種類と豊富なので何度も通いたくなるし、あんみつやデザートセットではメニューとは別のデザートになるので迷ってしまいます。

木のテーブルと付立があり、壁にはお洒落な絵が飾ってあって柔らかい雰囲気なので女性が入りやすいと思います。
おぼんdeごはんルミネ立川店の店員の方も忙しいのに、ご飯のおかわりを快く対応してくださって気分よく食事を楽しむ事が出来ました。

千福ずし、岐阜県羽島市にある朝からお寿司が食べられるお店

店名:千福ずし
住所:岐阜県羽島市竹鼻町飯柄367-1
電話:058-392-6340

朝からおいしいお寿司が食べられるお店はここくらいじゃないだろうか?というお店がここ、千福ずしになります。
お店は目の前に大きな通りがあるところで、その通りに交じっているような感じで存在しているお店です。

千福ずしのお店の中も、一見すると普通の個人経営のお寿司屋さんにしか見えないわけではありません。
ところが、千福ずしは何度も地元のTV局が取材に来るという有名なお店なのです。

この辺りのモーニングと同じく、コーヒーなどの飲み物を頼んだらその他のものがついてくるという感じです。
お寿司やそのほかのお惣菜といったものは、季節の物やその日の仕入れに合わせて提供されるという感じで、かなり楽しめると思います。

ただ、コーヒーとお寿司って合うのかな?と思ったりもしますが、飲むタイミングや全く問題ないという人なら気になることはないでしょう。
(お茶もあったりしますので、お寿司を食べるときはお茶を飲みながらでもいいと思います。)

朝から贅沢にお寿司を食べて元気をつけようというような時には、千福ずしにちょっと行ってみるといいでしょう。
意外に店内は空いているようなこともあったりしますので、お勧めです。

名古屋市西区、しら河浄心本店はひつまぶしで有名

しら河は名古屋名物のひつまぶしで有名です。
しら河浄心本店は、名古屋市営地下鉄鶴舞線の浄心駅から徒歩3分の便利な場所にあります。

また、駐車場もあるので車でも行きやすいです。
お店の外では鰻の焼く香ばしい香りがして食欲をそそられます。

しら河のお店の人は非常に丁寧で、通路ですれ違う度に挨拶をしてくれたり、こまめにお茶のお代わりを出してくれたりします。
お店の人の接客が高級感を感じます。

そして、ひつまぶしの他の有名店と比較すると、しら河は事前に電話予約ができるので、並ばずに入ることができます。
また、個室もあるので、ゆっくり食事や会話を楽しむことができます。

ひつまぶしの老舗の中では、しら河は値段が安く美味しいと人気があります。
価格は、ランチもディナーも3000円前後からでひつまぶしを楽しめます。

香ばしくカリッと焼いた鰻がとても美味しく、ひつまぶしだけでなく、肝吸いや鰻の玉子巻きなどの他のメニューも美味しいです。
プラス200円でご飯を大盛りにすることができます。
鰻の量もしっかりあるので満足感があります。

また、しら河は絵本が多数置いているので、小さな子供連れでも安心です。
子供用のひつまぶしセットもあり、子供用の量のひつまぶしと、デザートやジュースがセットになっています。
お店のすぐ近くに公園もあるので、小さな子供連れでも楽しめます。

店名:しら河 浄心本店
住所:愛知県名古屋市西区城西4-20-12
電話:052-524-1415

すし慶、滋賀県長浜市の絶品鯖寿司を食べれる料亭

店名:すし慶
住所:滋賀県長浜市木之本町木之本988
電話:0749-82-2115

昨年のお歳暮に頂いた鯖寿司がものすごく美味しくて感動しました。
その調理しているお店を調べると、滋賀県の米原でお店をされている事を知り、この美味しい鯖寿司を是非お店で食べてみたいと思い、すし慶にいつか行こうと考えていました。
そして、念願叶ってようやく家族でお昼ご飯を頂く為に伺う事ができました。

すし慶は、米原市の木之本という、情緒漂う街並みの中にお店があります。
座敷に通してもらうと、席からはステキな庭が見る事ができます。
また、歴史の感じる鎧兜などが飾られていて、すし慶には代々と続く名店という雰囲気が漂っていました。

注文したのは、2200円の鯖寿司がメインの田上山という昼御前です。
やはり、すし慶の鯖寿司の美味しさには感動しました。

肉厚のある鯖は、ものすごく脂が乗っていて、酢飯との相性が抜群です。
今まで食べていた鯖寿司は何だったのと感じる程、素晴らしい料理です。

また、すし慶の素敵な雰囲気の中で食べる鯖寿司は以前、お歳暮で頂いた時よりも美味しく感じました。
この料理で、2200円という値段はお得です。
すし慶の店員さんも格調高い雰囲気のお店でありながら、気軽に声をかけて頂きサービスも良かったと思います。

ひょうたん、甲子園口で美味しい魚介料理が食べたいならここ!

甲子園口で、ふと今夜は美味しい魚で一杯やりたいなと思った時におすすめしたいお店があるので、ご紹介します。
それがこちら、ひょうたん。

店名:ひょうたん
住所:兵庫県西宮市甲子園口3-10-2
電話:0798-63-8338
営業時間:17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:水曜日

甲子園口駅南へ進み、脇道へはいったところにある隠れ家的な居酒屋さんです。
ひょうたん店内には、カウンター7席と座敷席が少しというこじんまりとしたお店で、アットホームな雰囲気。一人でふらりと立ち寄るお客さんも多いお店です。

まずはビールと突出しで一息ついて、メニューをじっくりと眺めます。

ひょうたん定番のメニューもありますが、ここはやはり魚料理をいただこうかと。
活穴子の造りと活サバの造りをいただくことに。

どちらも鮮度が命のものなので、刺身でいただけるということは、ひょうたんは鮮度にこだわったお店ということがわかります。
もちろん、どちらも絶品。

げんげやホタルイカの一夜干しなど、なかなか見ないメニューもあり、魚介好きの人にはワクワクするメニューだと思います。
黒豚の角煮も人気のようで、頼んでいる人が多かったメニュー。
次回は頼んでみようかなと。

ひょうたんは隠れ家的で落ち着いたお店なので、一人で立ち寄るのも良いですし、接待にも使えそうな雰囲気です。
しめに、にゅうめんをいただきました。温かく優しい味わいでほっとできる一品。
今日は魚介ばかりだったので、次はお肉料理もいただいてみようかと思える素敵なお店でした。

舞桜、銀座にある外国人にも喜ばれる隠れ家的な和食店

今回ご案内するのは、「舞桜」さん。
舞桜は、銀座一丁目駅の目の前の「銀座ファーストビル」6階にある和食のお店です。

銀座ファーストビルの6階に行くと、ひと際目立つ、雰囲気の異なる空間があります。
外国人の方を招待したのですが、「ここは料亭なの?」と質問されるくらい、敷居が高そうなお店です。

ただ、舞桜のランチでは、1000円以内で充実したランチが食べられます。
舞桜では、「料理長おすすめコース」8000円を頼んでみてください。

日本料理全国グランプリ大会に入賞した舞桜のマスターが手がける料理は、どれも素晴らしい盛り付け。
お刺身も鮮度抜群であることがすぐにわかります。

フォアグラムースやオマール海老のトマトソース煮など「洋のテイスト」と鮑踊り焼や極太ホワイトアスパラと牛ヒレステーキなどの「豪華食材」が登場します。
内装も日本の和をイメージした落ち着いた雰囲気となっており、外国人の方にとても好評でした。

最後に、詳しいお店の情報を掲載します。

店名:舞桜
住所:東京都中央区銀座1-5-10 銀座ファーストファイブビル 6F
電話:050-5868-2457

できれば、奥側にある個室を予約して行かれたほうがよいと思います。